MUSTANG COAT

0

     

    THEモンゴリアンチョップスです

     

     

    本日は

     

    2018年の最後を締めくくる大トリ

     

     

     

    MUSTANG COAT

     

     

     

     

    をご紹介します

     

     

     

     

     

     

    MUSTANG COAT

     

     

     

     

    ライダースJKTやフライトJKTに比べると

     

    その存在はマイナーというか、ニッチなんで

     

    ご存知の方はそこまで多くないかもしれませんが

     

     

    ”カーコート”と呼ばれる

     

    ハーフコートタイプのレザーJKTがベースになっていて

     

     

    元来、車に乗るときに着るスポーツコートとして1930年代頃に誕生した

     

    アメリカンカルチャーぷんぷんのコレは

     

    ヴィンテージ市場では高値で取引される”高嶺の花”的存在のレザーJKTなんです

     

     

     

    そんな「カーコート」を製作しようと思った経緯

     

    それが今季 2018AW「TMC TRADITION」の服作りのスタートでもありました

     

     

     

     

     

     

     

    もともと『TMC』は

     

    私たち安藤と山本の二人で始めたブランドで

     

    立ち上げ当初の2014年ころは、

     

    なかなか自分たちの給料をとるのも難しく。。

     

     

    来る日も来る日もスーパー玉出で昼食を買って

     

    日々の生活にもひじょーに困ってた時がありました。

     

     

     

    そんな中でどうにか家賃だったり食費だったりを捻出するために

     

    安藤はお気に入りのヴィンテージレザーコレクションから

     

    一番高値で売れそうな1940年代のダブルスポーツJKTか1930年代のカーコート

     

    どちらを売るか悩みに悩み

     

     

    「カーコート」の方を泣く泣く売却した

     

    そんな、断腸の思いというんでしょうか

     

    今思い出しても泣けてくる出来事がありました

     

     

     

     

     

     

     

     

    あれから4年

     

    あの売ってしまった「カーコート」を、山本が安藤の為に製作する

     

     

    これまた泣けてくる、そんなドラマチックな経緯があってはじまったコレクションが

     

    2018 AW  「TMC TRADITION」

     

     

    どうせなら前に所有してたやつより

     

    とびっきりかっこいいやつをってことで

     

     

    あの時売るかどうか悩んだもう一着

     

    1940年代のスポーツJKTの一番のお気に入りディテール

     

    通称”オメプリ”といわれる背中のアクションプリーツを盛り込んで

     

     

     

     

     

     

     

    おそらく、この世に存在するカーコートで一番かっこいいと言えるものが完成しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もともとオーバーコートなので大きめの作りのものをざっくり羽織るイメージで

     

    SIZE 46(M〜Lくらい)のワンサイズのみご用意

     

     

     

     

     

    身頃はラッカーフィニッシュが施されたダークブラウンの馬革

     

    袖はベジタブルタンニンの荒々しい馬革

     

     

     

     

     

     

     

    敢えて異なる色と質感の2種類の馬革を組み合わせて使うことで

     

    ヴィンテージに見られる「茶芯」

     

    を表現しました

     

     

     

     

     

     

    もともと「茶芯」は

     

    経年変化によって素地のブラウンが見えてくる

     

    染色技術の至らない部分を逆に重宝がった

     

    ”逆にかっこいい”的解釈なんですが

     

     

    そんな「茶芯」はレザーフリークからするとたまらない萌えポイントのひとつで

     

     

    それをあえてダークブラウンとブラックのツートン仕様にすることで表現した

     

    TMC的解釈の「茶芯」なんです

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    加えて、一番の萌えポイント

     

    それが先ほどもちらっと触れた

     

    このバックスタイル

     

     

     

     

     

     

    センターアクションプリーツ

     

    通称”オメプリ”

     

     

     

     

     

     

    あまり大声では言えませんが

     

    名前の通り、女性器を彷彿とさせるアクションプリーツなんで

     

    古着業界ではこの名称で呼ばれていて

     

     

     

    古いレザージャケットやウールジャケットなどに見られる

     

    市場ではかなり役の付くディテールなんです

     

     

     

     

    そんなファン垂涎のディテール「茶芯」と「オメプリ」をどちらも盛り込み

     

    尚且つ、一番かっこいい2ポケタイプのカーコートに落とし込んだわがままレザーJKTこそが

     

    この「MUSTANG COAT」なんです

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    カフスはぎゅいんと曲がったこのタイプ

     

    堪らん。。

     

     

     

     

     

     

     

    着込むほどに良い皺が入っていくであろうこの袖

     

    これまた堪らないカーブを描いております

     

     

     

     

     

     

     

    フロントボタンは水牛でトップボタンのみオリジナルスナップ釦

     

    重厚感半端ない。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ライニングは総裏オリジナルキルティングで保温性抜群

     

    内ポケットもしっかりございます

     

     

     

    もちろん「Made in Sinsekai」

     

    私たちの魂がこもったTMCコンセプトパッチも付きます

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    MUSTANG COAT

     

     

    SIZE 46

    COLOR D/Brown×Black

    PRICE ¥180,000-

     

     

     

     

     

    馬革を贅沢に使った

     

    私たちTMCの新境地的スペシャルアイテム「MUSTANG COAT」

     

    一見の価値ありです

     

     

     

    ▼ONLINE SHOP

     

     

     


    TMC GRAND COAT

    0

       

      THEモンゴリアンチョップスです

       

       

      ここ最近は年の瀬に相応しい一張羅を中心にご紹介しておりますが

       

      本日ご紹介する「TMC GRAND COAT」は、その頂点というか

       

      ラスボス的な扱いのヘビーアウターでございます

       

       

       

       

      TMC GRAND COAT

       

       

       

       

       

      《TMC TRADITION》というテーマのもと製作してきた2018 A/Wでは

       

       

      過去製作してきたもの、すなわち自分たちTMCの”Tradition”な部分

       

      それを様々な角度からもう一度見直し、ブラッシュアップするという大きな流れがあり

       

       

      そのうえで、一般的に言われる”Trad”な要素をデザインや素材で味付けして仕上げていきました

       

       

       

      こと「TMC GRAND COAT」も、過去リリースした「Venture Coat」というモデルをベースに改良し

       

      デザイン面で英国のワーキングクラスウェア「ドンキーコート」の要素をプラス

       

      尚且つ、レザーやボアを使って最終的にラグジュアリーな印象に落とし込みました

       

       

       

       

       

       

      ”We Are The TMC”

       

       

       

       

      僕たちの得意とする、ポップでおバカなアウトプットは、今回は内面にとどめる形で

       

      表面的にはクールに、そして文句なしにかっこいいというところに向かって作りました

       

       

       

      わかりやすく言えば真面目な服作り

       

      それをこの2018 A/Wでは皆様に見ていただきたかったということです

       

       

       

       

       

       

       

      そして、その魂の部分というか

       

      コアの部分が集約されているのがこのバックヨーク部分のスタッズワーク

       

       

       

       

       

       

       

       

      もちろんひとつひとつ地道にスタッズを打ち込んで作り上げていくのですが

       

       

       

       

       

      実は今期2018 A/Wのアウターたちは

       

      すべて私たちの手でここ新世界で作っていて

       

       

      作っているといっても一般的にハンドメイドっていわれるレベルで

       

      裁断から縫製まですべての工程を

       

      おそらく皆さんの想像の5倍、いや10倍増しくらいのレベルで

       

      自分たちの手で作っています

       

       

       

       

      『自分たちで作ったものを、自分たちの手で売る』

       

       

      2015 S/Sコレクションが終わり

       

      東京展示会で打ちのめされたそのタイミングから

       

      「家内制手工業」を目指し

       

      そこに向かって、少しづつ機材を導入し、スキルを習得して

       

      やっと公言できるレベルに整ってきました

       

       

       

       

      そんな「自分たちの手で作る」

       

       

      ”Made in Sinsekai” の部分を

       

      ぎゅっとこのスタッズワークに凝縮したTMC GRAND COATは

       

       

       

       

       

      今期一番伝えたかったコアの部分を

       

      十二分に堪能して頂ける逸品に仕上がったと思っております

       

       

       

       

       

      表地にはウールメルトン

       

      ヨーク部分と襟裏、袖口はスムースレザー(牛革)

       

      裏地はボア、袖裏はオリジナルの△ロゴキルティング

       

       

       

       

       

      そしてバックヨークはこのスタッズ

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      フロントにはスラッシュポケット

       

      手の甲に当たる部分はボアになっているので

       

      ハンドウォーマーとしても抜かりない造り

       

       

       

       

       

       

       

       

      カフスは独自の形状で

       

      折り返して長さをお好みに調整して頂ける仕様に

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      内側のポケットはがっちりしたパチポケで

       

      表面にTMCコンセプトパッチ

       

       

       

       

       

       

      かなり満足感マックスな仕上がりです

       

       

       

       

       

       

      寒い夜はがちっと襟を立ててカッコつけてもらうのがおすすめ

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      サイズは46と48の2サイズで

       

      イーグル野村(174cm 58kg)が着ているのがSIZE 46

       

       

      オーバーコートなんで少し大きめの作りですが

       

      46がM.Lくらい、48がL.XLくらいのサイズ感と思っていただいて良いと思います

       

       

       

       

       

       

       

       

      このTMC GRAND COAT含め

       

      今期のアウター類はすべて生産僅少です

       

       

      なぜなら自分たちで作っているから

       

       

       

       

      でもそこに価値を見出していただけたら嬉しいですし

       

       

      ”どこ”で作ったかはもとより

       

      ”だれ”が作ったか

       

       

      っていうもっとディテールの部分って、人と人との関りが希薄になっていくであろうこれからの時代

       

      もっと重要になってくるんじゃないかなと思っています

       

       

       

       

       

       

       

      TMC GRAND COAT

       

       

       

       

      SIZE 46・48

      COLOR Navy×White・Black×Black

      PRICE ¥74,000-

       

       

       

       

       

      ”We Are The TMC”

       

      これを纏ってTHEモンゴリアンチョップスを感じてください!!

       

       

      今期のラスボス是非に。

       

       

       

       

       

      ▼ONLINE SHOP

       

       

       

       

       

       


      SKIN JUMPER  ”Vecchio & Obanan”

      0

         

        THEモンゴリアンチョップスです

         

         

         

        年の瀬になると、

         

        「今年の買い納め」って言葉をよく耳にしますが

         

         

         

        私たちがリリースしている《SKIN JUMPER》は、そんな買い納めにふさわしい

         

        破壊力抜群の一張羅ではないでしょうか。

         

         

         

        SKIN JUMPER ”Obanan”

         

        SKIN JUMPER ”Vecchio”

         

         

         

         

         

         

         

        鮮やかなブルーと重厚なブラックのイタリアンカウハイド(牛革)に

         

        裏地はタータンチェックをチョイス

         

         

         

         

         

         

         

         

        ふとした瞬間に覗くチラリズムがなんともダンディで

         

        イタリアのおじさんとおばさんを彷彿とさせる仕上がり

         

        (あくまでも想像)

         

         

         

         

         

        ブルーは一見派手ですが

         

        着てみると意外とすんなり馴染んでくれます

         

         

         

         

         

         

        ボタンはシルバーをチョイスし

         

        クールなイメージに

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        対して、

         

        間違いないブラック

         

         

         

         

         

         

        こちらはあえてブラウンのボタンで渋さを強調

         

        オールブラックじゃないとこがミソ。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        今期から新たに製作したシリコンパッチが、

         

        左肩で良い感じに主張します

         

         

         

         

         

         

         

        ...シボ感がたまらん。

         

         

         

         

         

         

         

         

        お馴染みのバックスタイル

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        針刺しバックルを採用しているので

         

        革をぶっさして調整してください。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        内側はちゃーんとポケットも付いており

         

        その上には選ばれしアイテムにしか装着しない

         

        TMCコンセプトパッチが付きます

         

         

         

         

         

        満足度マックスに仕上げましたので

         

        是非堪能してください

         

         

         

         

         

         

        とまあ

         

        今期のSKIN JUMPERも

         

         

         

         

         

         

         

         

        今までのモデルよりもさらにパワーアップした

         

        間違いない仕上がりになっておりますので

         

        今年1年頑張った、自分へのご褒美に

         

        猛烈お薦めさせていただきます。。

         

         

         

         

         

         

         

         

        SKIN JUMPER

         

         

        SIZE 2・3・4

        COLOR Blue (Obanan)・Black (Vecchio)

        PRICE 120,000 yen

         

        ※サイジングはいつもよりワンサイズ上をお勧めいたします

         

         

         

         

         

        一着一着丹精込めて作っておりますゆえ生産数も僅少です

         

        ”今年の買い納め”

         

        是非お待ちしております!!

         

         

         

        それでは!

         

         

         

        ▼ONLINE SHOP

         

         

         

         


        | 1/14PAGES | >>

        ▲Online Shop

        ▲BOKU HA TANOSII Online Shop

        ▲New Post

        ▲ Previous Post

        ▲ Category

        ▲ LINK

        ▲ Search