グラデュエーター ボンタン・ボンスリ

0

     

    THEモンゴリアンチョップスです

     

    先日ご紹介したグラデュエーターには

     

    セットアップで着用可能なパンツが2型ございます

     

     

     

     

     

    ひとつは《ボンスリ》という名のこのパンツ

     

     

     

    以前よりリリースしているスリムタイプで

     

    デニムに限らず、ヒッコリー、ブラック、スウェットなど、

     

    現在バリエーションも増えて増殖中です↓

     

    ・ヒッコリー

    ・ブラック

    ・スウェット

     

     

     

     

    対して

     

    この度新たに《ボンタン》なるタイプも仲間に加わりましたので

     

    合わせてご紹介させていただこうと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    まずは、

     

    せっかくなんで新型の《ボンタン》から

     

     

     

     

    ボンタン

     

     

     

     

     

    ”ボンタン”

     

     

    僕自身、学生時代かなり優等生な服装だったんで

     

    リアルにこんなズボンを穿いていたわけではないんですが

     

    ”ボンタン”だったり”短ラン”だったり”特攻服”だったり

     

    そういう簡単に言うとヤンキー文化的なものにも一種の憧れみたいなものはあって

     

    そんなところからこのグラデュエーターシリーズは生まれたんだと思うのですが

     

     

     

    ついに今回、「デニムのボンタン」もリリースすることができました

     

     

     

     

     

    見ての通りというか

     

    想像通りの、このごん太いシルエットがウリのデニムトラウザー

     

     

     

     

     

    フロント

     

     

     

     

     

    サイド

     

     

     

     

     

    バック

     

     

     

     

    股上は深く全体的にバギーなイメージで

     

    裾に向かってテーパードしていて

     

    素材のネップデニム地も相まってペインターパンツやオーバーオールを穿いた時のような雰囲気になります

     

     

     

     

     

     

    ウエストのたっぷりツータックは、さすがは「ボンタン」という存在感

     

    正直生地の用尺(生地量)がすごく

     

    なかなか高くついてしまうってのはここだけの話。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    サイドポケットはヤンキーパンツに多い縦付けポケット

     

     

    ちょっと下目に付くベルトループは

     

    ベルトを通した際、いい具合になるように調整してます

     

     

     

     

     

     

     

    お尻は玉縁ポケット

     

    学生服×ワークだと自ずと玉縁になります

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そしてトップボタンは

     

    グラデュエーターシリーズ共通の13スター

     

    このあたりは古着好きならぐっとくるディテール

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そのボタン裏には

     

     

     

     

     

    日本製の証

     

     

    渋い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    続きまして、ボンスリ

     

     

     

     

     

    ボンスリ

     

     

     

     

     

     

    こちらは

     

    ボンタンに逆行する形で存在したボンタンスリム=ボンスリをイメージソースに

     

    一度仕上がったパンツにピンを直接打って

     

    足にピタッと添わせるシルエットに仕上げた独自の形がウリで

     

     

     

    かなりスリムな形ながらストレッチなしというスパルタン仕様パンツです

     

     

     

     

     

    フロント

     

     

     

     

     

    サイド

     

     

     

     

     

    バック

     

     

     

     

     

     

     

    股上もたっぷりしており、お尻回りも比較的ゆったりなのですが

     

    膝下は足に沿うようにぎゅっと絞られたテーパード

     

    この裾幅がテーパード具合を物語ってます

     

     

     

     

     

    先述したようにノンストレッチなんで、足をねじ込んで穿いてもらう感じです

     

    足が太い方は入らないかもしれないので試着をお勧めします。。

     

     

     

    でもその分、穿きこんでいくとぴったりジャストフィットしてきます

     

     

     

    ディテールはボンタンのそれと同じ

     

    マーベルト仕様のしっかりしたスラックス

     

     

     

     

     

     

     

    でも要所要所(内股、お尻)はチェーンステッチの巻き縫いで

     

    ワーク仕上げにしてもらってますので

     

    穿きこんだ時の”アジ”の出方が良いんです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    このボンタン・ボンスリも生産はもちろん岡山・児島

     

    学生服の町であり、デニムの町 児島で作る

     

    「デニムのボンタン」と「デニムのボンスリ」

     

     

     

     

     

     

    ボンタン

     

     

    SIZE 1・2・3

    COLOR Denim

    PRICE ¥20,000-

     

     

     

     

     

     

    ボンスリ

     

     

    SIZE 1・2・3

    COLOR Denim

    PRICE ¥18,000-

     

     

     

     

     

     

    一度穿いていただくとその良さを分かって頂けると思いますので

     

    是非店頭でご試着してみてください。

     

     

     

    遠方の方はネットショップに掲載しておりますので

     

    是非そちらをチェックしてみてください!!

     

     

     

    ・ボンタン

    ・ボンスリ

     

     

     

     

    それでは。

     

     

     


    ボンスリ

    0

       

      THEモンゴリアンチョップスです

       

       

      私たちの定番パンツ「ボンスリ」

       

      ”ボンタンスリム”の略で変形学生服をイメージして作ったスラックスベースのパンツです

       

       

       

      昨年はデッドストックの生地を使って制作し

       

      ありがたいことに瞬く間に完売御礼。

       

       

      今回の発売を待ってくれていた方も多いと思います

       

       

       

       

       

       

      ボンスリ

       

       

       

       

       

      もとは学生服の生産で栄え、今はデニムの町として知られる

       

      岡山・児島でこのボンスリは生まれています

       

       

       

       

       

       

       

      れっきとしたスラックスをベースに、一度サンプルを上げ

       

      それを穿いた状態でもう一度ピン打ち

       

       

      膝下をギュッと絞りました

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      平置きで見るとこの様相

       

       

       

       

      ぎゅんと細くなっているのがおわかりでしょうか?

       

       

      シンプルに見えてこれが結構ないカタチ

       

      足をねじ込んで穿く、そんなイメージです

       

       

       

       

       

       

      サイドポケットはタテ付けのヤンキー仕様

       

      後ろポケットは片玉縁ポケット

       

       

       

       

       

       

       

      良い雰囲気のパッカリング

       

      経年変化も楽しんで頂けそうな、質実剛健な造り

       

      この光沢感のある生地感も絶妙にはまってます

       

       

       

       

       

       

       

      トップボタンはオリジナルのスナップ釦

       

      かっこいいでしょ?

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      では実際に穿いてみます

       

       

      173cm 64kgでSIZE 2を着用

       

       

       

       

       

       

       

      股上が深いのでジャストウエストでしっかり穿いてください

       

      そうするとこのパンツの良さが最大限引き出せます

       

       

       

       

      また、トップスのタックインとは相性抜群ですのでお薦めです。

       

       

       

       

       

      ボンスリ

       

      SIZE 1/2/3

      COL BLK

      PRICE 16,000 yen

       

       

       

       

      オンラインショップにも掲載しております

       

       

       

      是非ご覧くださいませ◎

       

       

       

      ▼ONLINE SHOP

       

       

       

       


      C-PANTSの洗い方

      0

         

        THEモンゴリアンチョップスです

         

         

        先日こちらのBLOGで、

         

        たっぷりとお伝えしたC-PANTSですが

         

         

         

         

         

         

         

         

        本日はその洗濯についてご紹介したいと思います

         

         

         

         

         

         

         

        はじめに

         

        生のジーパンは、基本的に丈上げする前に一度洗濯し糊を落とします

         

         

        いくら防縮加工がかかっていても、綿である以上洗濯後少しの縮みが出ますし

         

        糊が落ちると生地が柔らかくなり、全体的に下に落ちる分、丈の感じも変わってきます

         

         

        なので、生デニムの丈上げはワンウォッシュ後が絶対なんです

         

         

         

         

         

         

         

        それでは始めましょう

         

         

        まず

         

        バックポケットに付くフラッシャーを

         

         

         

         

         

         

         

        思い切って取ります!!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        取れました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        それでは、洗濯機に水を溜めていきます

         

         

         

         

        このとき、お湯を使ってしまうと、一気に色落ちしてしまったり、想定外に縮んでしまったりするので

         

        水を使って洗います

         

         

        もちろん誰も足を通していない真っ新の状態なんで、洗剤は入れなくて良いです

         

         

        ジーパン用洗剤なんかも出ているみたいですが

         

        個人的には汚れた場合、あまり気にせずに普通に洗剤を入れて洗濯します

         

         

        自然に穿いた方が自然に色落ちするんで、それくらいの等身大で穿く事をお勧めします

         

         

         

         

         

         

        少し話が逸れました

         

         

         

        この洗濯機に水を溜めている時間を利用して

         

        ジーパンを裏返します

         

         

         

         

         

         

         

         

        ”裏返して洗う”

         

        これは、色んな本などにも載っている基本

         

         

        ただ個人的には裏返さず表のまま洗ったりもしますが

         

        一応基本として「裏返して洗う」は覚えておきましょう

         

         

         

         

        さあ、準備ができました

         

        それではジーパンをしっかり見つめて

         

        「かっこよくなれ」と心の中で願いましょう

         

         

         

         

         

         

         

         

        お願いができたら

         

         

        いざ、投入します!!

         

         

         

         

         

         

         

        しっかり全体が水に浸るように調整したら

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        あとはフタを閉めて待ちましょう

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        この待っている時間がすごくワクワクします

         

        普通、洗濯は面倒くさいものですが

         

         

        ことジーパンの洗濯となると毎回ワクワクするのは、本当不思議です

         

         

         

         

         

         

         

         

        そうこうしているうちに

         

         

         

        上がってきました

         

         

         

         

         

         

         

        洗ってへなっとしてしまっているミミの部分を

         

        しっかり開いてあげたら

         

         

         

         

         

         

         

         

        あとは太陽の光で乾かしましょう

         

         

         

         

         

         

        天日干しすると、パリッと仕上がって穿いたときに気持ちいいです

         

         

        乾燥機を使ってもいいのですが、

         

        より縮みが出るのと、生地やパッチなどが傷みやすいので

         

         

        せっかくなら気長にベランダで乾かすのをオススメします

         

        気長に待った分、乾いたときのテンションも上がりますし

         

         

         

         

         

        あとはお好みの長さに裾上げして

         

        晴れて相棒となるわけです。。

         

         

         

         

         

         

        どうでしたか?

         

         

        洗濯といっても、デニムの洗濯はほんとに楽しいものです

         

         

         

         

        これが色落ちが始まってきてからの洗濯になると

         

        さらにドキドキもプラスされます

         

         

         

         

         

        こんなほかの服ではなかなか味わえないところも

         

        「ジーパン」の魅力だと思います

         

         

         

         

        今年はジーパンを生から穿き込みたいなってお考えなら

         

         

         

         

         

        THEモンゴリアンチョップスのC-PANTS

         

         

        以後お見知りおきを。

         

         

         


        | 1/5PAGES | >>

        ▲Online Shop

        ▲BOKU HA TANOSII Online Shop

        ▲New Post

        ▲ Previous Post

        ▲ Category

        ▲ LINK

        ▲ Search