COSMO MOCAとは

0

    THEモンゴリアンチョップスです

    今週8月8日発売

    宇宙のモカシンこと『COSMO MOCA』


    今日はもう一度私たちの熱い思いを聞いてください








    この黒いシューズ

    通称「餃子靴」の存在を皆さんはご存知でしょうか?


    サラリーマンのおじさんの足元を支える快適ビジネスシューズの代表格であるこの「餃子靴」は
    決まってその軽さとコストパフォーマンスを売りに
    商店街にある靴屋さんの軒先なんかで見ることができます





    こんな姿をした黒い靴
    見覚えがある方も多いのではないでしょうか


    でも、そもそも「餃子靴」なんて変な名前

    なぜそんな呼び方をされるのか



    その理由がコレ



    このクシャクシャっと皺の入ったステッチングが餃子の皮に見える為
    一部でそう揶揄されているのです

    世間一般的にはお世辞にもかっこいい靴として認知はされていないこの「餃子靴」

    でも気になって調べていくうちに
    私たちはその魅力にハマっていってしまったのです




    前々からその特異な形ゆえ、気にはなっていたのですが
    たまたま靴の生産をお願いしている工場さんにお伺いした時に
    ショールームに置いてあったのがそのはじまり

    安価なものが多くコストパフォーマンスを売りにしている靴なので
    生産は工賃が抑えれる海外生産だと思っていたら
    意外や意外(失礼かもしれませんが)そこの工場さんは日本で作っており
    また、アッパーのレザーには、軽くしなやかな高級レザーであるカンガルーレザーを用いるなど
    そこにはサラリーマンの足元を支えるという責務というかプライドの様なものを感じたのです


    そういう背景を考えながらよくよく見ると普通にカッコイイ


    例えばこのサイドビュー



    日本人の足に合わせ作られた為なのか
    妙に広い履き口部分とフロント部分のギャザー部分(餃子部分)とのバランスが相まって
    何ともいえないシェイプを生み出しています





    斜めからのアングル



    悪く言うとおっさん臭さは否めませんが
    裏を返せば ”渋い!”

    海外から入ってきたローファーを元に日本で成長していったであろうこの餃子靴




    極めつけはやっぱりコレでしょう




    そうこの謎のエンブレム


    もうカッコイイ!!


    餃子靴と呼ばれる靴のこの部分には、
    絶対と言っていいほど、こんな謎のエンブレムが付きます

    理由はわかりませんが、おそらく高級感の演出だと私たちは考えます




    どうです?もう「餃子靴」が気になって仕方がないでしょう




    そんな、実はかっこいい餃子靴も

    このままではやっぱり餃子靴



    所詮、「褻」の場面で履く快適ビジネスシューズです







    ならば私たちが、晴れの舞台に連れていってあげましょう




    いざ宇宙へ!!!








    まず私たちの2015 A/W コレクション

    テーマが『時宇宙禅』なのは押さえとかないといけないポイント




    聞きなれない言葉でピンとこない方も多いと思います


    それもそのはず

    「時宇宙禅」は私たちが作った言葉





    私たちの頭の中、つまりそれは宇宙そのものであり



    この「餃子靴」も例に漏れず





    私たちと一緒に宇宙に行ったのです





    でも、宇宙への道のりは、決して生半可なものではありませんでした



    そんな”餃子靴”を

    宇宙のモカシン「COSMO MOCA」に生まれ変わらせる為に力を貸してくれたのが



    何を隠そうあの「宮崎さん」

    【宮崎】


    私たちの靴を語る上で絶対に忘れてはいけない重要人物で
    2014 A/W コレクション『服塾』の時に名作「宮崎」をリリースできたのも
    宮崎さんが居てくれたおかげ

    なのでこのサイドゴアブーツ「宮崎」の名前はその敬意の現れです




    そんな宮崎さんの力を今回も借りて

    宇宙のモカシン


    【COSMO MOCA】



    が誕生したのです!!






    まず、靴を作る上でその形のもととなる重要な部分

    「木型」

    このCOSMO MOCAの木型は、実際に昔から使われている「餃子靴」の木型を使いました

    木型が違うと履き心地や見た目の印象も全然変わってしまいますので
    その重要性はわかってもらえると思います





    こうやって並べてみても、その独特なシェイプに遜色はありません




    次にこの餃子靴の餃子たる部分






    革が変わってもこの再現度

    シルバーのレザーを使用することで、餃子部分で光が乱反射して強烈な光を放ちます




    そしてこの餃子靴を語る上で必要不可欠なディテール




    そう


    謎のエンブレム





    モンゴリアンチョップスのMであり
    モカシンのM

    そして宮崎さんのMでもあります



    デザイン面では貧相だった薄べったいソールを






    分厚いソールに変更



    さらに、コバを張らせてバランスをとりました




    ソールパターンは月に足跡が付いていそうなものを選びました



    これはあくまでも主観です





    インソールにはしっかりと箔押しが




    MADE IN NIPPONです







    そしてそして


    今回の箱も素晴らしい出来







    書道家である宮崎さんのお母様による手書きでございます

    一点一点丹精込めて仕上げて頂いたこの箱に収まって


    【COSMO MOCA】



    8月8日(土)デリバリー開始です!!



    みなさま、お楽しみに。

     

    コメント
    コメントする








       

    ▲New Post

    ▲ Previous Post

    ▲ Category

    ▲ LINK

    ▲ Search