3代目IRISH雪駄

0

     

     

    今から7年前

     

     

     

    その頃は、まだブランドとしての活動前夜で

     

    大阪の谷町六丁目(谷6)にあった一軒家を山本とシェアしていた頃

     

     

    私自身は前職である古着のバイイングを、山本はフリーで服の縫製をしながら

     

    毎日朝方まで、新しいアイテムの構想を語り合っていました

     

     

     

    そんな谷6の通称「モンゴリ荘」で生まれた唯一のコレクション

     

    それが、私たちの記念すべき1stコレクションである 「MONGORI EXPO ’14」

     

     

     

     

     

     

     

    ボクタノ、グラデュエーター、クリーナー、ティシュー、Do、カブトオトシetc

     

    今思えばのっけから強烈なキャラクターをたくさん生み出しました

     

     

     

     

     

     

    というか、

     

    のっけだから生み出せた、という方が正しいかも知れません

     

     

     

     

    そんな強烈なキャラクター群の中でも

     

    負けず劣らずオーラを放っていたのが

     

    この「紅」

     

     

     

     

     

     

    たまたま、谷6のモンゴリ荘から歩いて1分の場所に

     

    履物を作ってるっぽい会社というかお店があって

     

    調べてみると「菱屋」という伝統ある雪駄の老舗メーカーらしいということがわかり

     

     

    ダメもとで飛び込んでお願いしてみたところ

     

    快く、どこの馬の骨かもわからない僕たちを受け入れてくれて

     

    制作していただいた思い出の品です

     

     

    全てコーデュラナイロンで作った真っ赤な角型雪駄で

     

    もちろん、展示会でオーダーが付くところは想像してなかったのですが

     

     

    意外にもそこそこ好評を頂き

     

    2015 S/S CollectionのIRISH雪駄に繋がる事となります

     

     

     

    あの時「紅」に全くオーダーが付いていなかったら

     

    IRISH雪駄は生まれてこなかったかも知れません

     

     

     

     

     

    それから、毎年夏になると

     

    TMCの足元は「雪駄」というのが相場になり

     

     

     

    紅 → IRISH雪駄 → SNOW WAVE → GVSM雪駄 → IRISH雪駄(2代目)→ Happy Sushi Setta

     

     

     

    ときて、今期の3代目IRISH雪駄となる訳です

     

     

     

     

     

     

     

    今期のIRISH雪駄を一言で言うなら

     

     

    ズバリ『完成形』!!!

     

     

     

     

    今まで色々な生地を使い、時には失敗をして

     

    50万円分くらいの雪駄がパーになった事もありました

     

     

     

    また菱屋さんにも無理言って色々とチャレンジして頂いたので

     

    大体こんな革でこのくらいの厚みでとか

     

    ここはこんな感じの方がかっこいいとか、段々勝手がわかるようになってきて

     

     

     

    そんな経験を経てきたからこその集大成的存在が

     

    今回の『3代目IRISH雪駄』なのです

     

     

     

     

     

     

     

     

    IRISH雪駄、IRISH雪駄と

     

    先程から当たり前のように呼んでおりますが

     

    まずご存知ない方に説明いたしますと

     

     

     

    米国が誇るブーツメイカー「Red Wing社」の大定番「IRISH SETTER」と

     

    日本が誇る履物「雪駄」が融合し生まれたのが

     

     

    この『IRISH雪駄』

     

     

     

     

     

     

     

    アッパーにはタンニンとクロームのコンビネーション鞣しが施された牛革を使用

     

    大切にしたのはアイリッシュセッターといえばな ”赤茶” のあの色目

     

     

     

     

    そこに、シューレースをイメージした黄色とエンジを、鼻緒部分にて表現

     

    素材は屈強なコーデュラナイロン、肌に当たる内側は人工スエードを採用

     

     

     

     

    ミッドソールはEVAの厚底ソール

     

    白色は元々ラインナップになかったので別注で作っていただきました

     

     

     

     

     

     

    アウトソールは菱屋オリジナルのビブラムソール

     

    これも嬉しいポイント

     

     

     

     

     

    と細部まで抜かりなしの「IRISH雪駄」

     

     

     

     

     

     

     

    収まる箱もかっこいい。。

     

     

    菱屋謹製

     

     

     

     

     

     

    SIZE M.L

     

     

    PRICE 20,000-

     

     

     

     

     

     

     

    サイズ感に関しては、かかとが少し出るくらいが適正サイズ

     

    Mで26cm Lで27cm が目安です

     

     

    参考までに、うちのイーグル野村は26.5cmでMを履いています

     

     

     

     

     

     

     

    っと

     

    忘れちゃいけないこちらのカラー

     

    本家アイリッシュセッターでもブラウンと双璧をなすブラックも、実はご用意しておりまして

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    オールブラックで渋くキマったこちら

     

     

     

     

     

     

     

    実は鼻緒裏部分にアクセントでダークグレーを入れて

     

    クールになり過ぎないように小ワザを効かせております

     

     

     

     

     

    横から見たボディとソールのコントラストも堪りませんね

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    兎にも角にも

     

    今回のIRISH雪駄は、かなり満足いく出来栄えで

     

     

    「どこに出しても恥ずかしくない」 そんなレベルまでキテます

     

     

     

     

     

     

    今現在、ONLINE SHOP分は売り切れで店頭分のみとなりますが

     

     

    この梅雨が明けるくらいには、店頭分も全てONLINE SHOPに再掲載できたらと思っておりますので

     

    遠方の方はもうしばらくお待ちを

     

     

     

     

     

     

     

    『IRISH雪駄』

     

     

     

     

     

     

     

     

    ...コレは急いだ方が良さそうです。。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ▲New Post

    ▲ Previous Post

    ▲ Category

    ▲ LINK

    ▲ Search